位置:美文网 > 科技咖 > 正文 >

2018抖音大数据:北京成年度“抖音之城” (中日双语)

2019年02月11日 17:29来源:未知手机版

特钢公司,宋楚瑜,命运英雄传八门修改,早晨喝水的好处,什么是达人,百度收录

日语学习不能一蹴而就,需要不断练习,深化记忆,加强对日本语言习惯的理解和运用能力,新东方在线整理了中日双语新闻,供参考学习,下面是北京成年度“抖音之城” (中日双语)相关内容。

过去一年抖音红遍大江南北,人们打卡最多、最爱看的“抖音之城”是哪个城市?昨天抖音发布的《2018抖音大数据报告》给出了答案,北京成为年度“抖音之城”。

18年、短編動画共有アプリ?抖音(TikTok)が中国全土で爆発的な人気となった。では、抖音に投稿される動画の撮影場所として最も撮影回数が多く、最も人気となっている「抖音之城」はどの都市なのだろう?抖音がこのほど発表した「2018抖音ビッグデータ報告」によると、その答えは「北京」だった。

报告显示,抖音的活跃高峰全天有三个时段,18至19时的晚高峰是全天使用最活跃的时间,除此,12至13时的午间和21至22时的夜晚也形成两个高峰。纵向来看,成都是午间活跃度最高的城市,深圳是晚间最活跃的城市。抖音上不同年龄段的用户爱拍摄的内容也各不相同,根据报告,90后抖音用户喜欢用自拍表达个性,80后喜欢拍摄手势舞,70后最爱拍单人现代舞,60后用抖音记录孙辈的成长,每个年龄段的人都在用抖音记录生活中的美好瞬间。

報告によると、抖音の利用が多い時間帯は1日に3度あり、うち最もアクティブなのは午後6-7時となっている。他の2つの時間帯は午後0-1時と午後9時‐10時だ。全体的に見ると、正午のアクティブ度が最も高い都市は成都、夜のアクティブ度が最も高い都市は深センだ。年齢により、抖音で撮影する動画内容の好みも異なっている。報告によると、90後(1990年代生まれ)のユーザーが好むのは、自撮りで自分の個性をPRする動画で、80後(80年代生まれ)はフィンガーダンス、70後(70年代生まれ)はソロ?モダンダンス、60後(60年代生まれ)は孫の成長を記録する動画を好んでいる。各年齢層のユーザーは、抖音を通して、生活の中の素晴らしい瞬間を記録している。

2018年,抖音国内用户全球打卡2.6亿次,全世界的壮丽山水正通过短视频这种不需要翻译的语言传播。其中,国内用户打卡地点最多的国外城市是首尔、芽庄和新加坡市,国内城市中用户打卡最多的地点是北京、成都和上海。根据城市形象视频播放量,北京是2018年度“抖音之城”,同时收获了28.3亿次点赞。

18年、中国国内のユーザーは世界各地を訪れ、抖音を通じて延べ2億6000万回撮影し、投稿している。翻訳無しでも世界の人にその素晴らしさを伝えることができる世界の絶景が短編動画を通して発信されている。なかでも、中国国内のユーザーの撮影場所として最も多い海外の都市はソウル、ニャチャン、シンガポール市。中国国内の都市で撮影場所として最も多いのは北京、成都、上海となっている。都市をテーマにした動画のうち、再生回数が最も多いのは北京で、 「いいね!」が28億3000回寄せられ、18年度の「抖音之城」に輝いた。

中日双语新闻内容素材主要为新闻时事,实用性强,涉及词汇、语法全,同学们要认真阅读,做好笔记,更多日语学习资料,请持续关注新东方在线日语学习网。

本文关键字: 日语新闻 双语阅读

本文地址:http://www.umeiwen.com/kejika/38322.html 转载请注明出处!

今日热点资讯